コロ影響か…59歳会社員「稼ぎが少ないと言われ」妻を叩き死なす

[ 2020年4月8日 05:30 ]

 警視庁小岩署は6日、自宅で妻を平手打ちしてケガをさせたとして、傷害の疑いで東京都江戸川区の会社員牧野和男容疑者(59)を逮捕。妻で会社員の美紀さん(57)は頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。

 逮捕容疑は5日午後11時15分ごろ、美紀さんの左頭部を叩いて床に倒し、ケガを負わせた疑い。容疑を認め「妻から稼ぎが少ないと言われ頭にきた」などと供述している。小岩署によると、2人は自宅で約5時間半にわたり酒を飲んでいて口論になった。美紀さんはコロナウイルスの感染拡大の影響で自分の収入が減少したなどと愚痴を漏らしてもいたという。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年4月8日のニュース