志村さんの死が示したコロナの怖さ 若者も危機的状況を実感「いつ誰が感染するか分からない」

[ 2020年3月31日 05:30 ]

志村けんさん死去

志村けんさん
Photo By スポニチ

 志村けんさんが最後に残したもの、それは「新型コロナは怖い」というメッセージ。小池百合子知事も哀悼の意を示した上で「最後に悲しみとコロナウイルスの危険性を皆さんにしっかり届けた」と述べた。

 都が29日に発表した感染者68人のうち30代以下が44人で全体の7割弱。若年層は感染しても軽症であることが多く知らないうちに感染を拡大させている状況の中、志村さんの訃報に接した若年層にも深刻さが響いた。

 東京・原宿で用事を済ませたアルバイトの男性(20)は「小学生の頃、夜にドリフのコント番組が再放送されて見ていた。志村さんが感染したというニュースを見てから気になっていた」と残念そう。「周りに感染者がいなかったので、どこか人ごとだった」という。誰もが知る有名人の死を通じて、予防意識の低さに気づき「コロナが凄い怖い」と足早に帰路についた。

 渋谷のハチ公前で友人と待ち合わせていた神奈川県の男子中学生(14)は「知り合いが以前感染してから、必ず消毒液を携帯するようになった」と用心している。志村さんのキャラクターでは「変なおじさん」が大好きだったといい「一層コロナにかかりたくないという気持ちが強くなった」と表情を曇らせた。新宿区の20代男子大学生も「“いつ誰が感染するか分からない”ということが分かった。でも対策と言われてもどうすればいいのか…」とため息をついた。

 若年層と同じく衝撃をもって受け止めたのは喫煙者だ。志村さんは愛煙家として有名だった。新型コロナを巡り「喫煙者は重症化するリスクが高い」とヨーロッパの研究機関が発表。志村さんが死去した新宿区の病院近くを歩いていた40代男性は「自分もタバコを吸うので人ごとには思えなかった」とショックの色を隠さない。ネット上では禁煙を誓うコメントも相次いだ。

 《各界著名人が続々感染》各国で著名人が次々と感染している。国内では日本サッカー協会の田嶋幸三会長が感染を発表。プロ野球でも阪神の藤浪晋太郎投手ら3選手が陽性と判明した。英国ではジョンソン首相が感染を公表、チャールズ英皇太子も感染が確認。米人気俳優トム・ハンクス、世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴも感染を公表した。

 亡くなったセレブもいる。サッカー、スペインリーグの名門レアル・マドリードのロレンソ・サンス元会長が76歳、映画「クロコダイル・ダンディー」などに出演した米俳優マーク・ブラムさんは69歳だった。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「AKB48」特集記事

2020年3月31日のニュース