イタリア、コロナ感染101歳男性が回復 短期間で退院、医師ら驚き

[ 2020年3月27日 08:58 ]

 新型コロナウイルスに感染した死者が世界最多に上っているイタリアの北部エミリアロマーニャ州リミニで、101歳の男性が感染し入院した後、短期間で回復し家族の待つ自宅に戻ったことが分かった。ANSA通信が26日報じた。

 新型コロナウイルスに感染した高齢者は重症化しやすく助からないケースが多いため、治療に当たった医師や看護師らは驚いているという。

 リミニの副市長は「戦争や危機など全てを体験してきた彼が、今度は恐ろしい見えざる壁に挑んだ」と表現。ANSAも「感染に勝利」との見出しで「101歳でも未来のことは分からないと教えてくれた」と伝えた。

 イタリア政府の統計によると、同国での死者は70歳以上が9割近くを占め、90歳以上の致死率は約22%に上る。

続きを表示

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年3月27日のニュース