チャールズ英皇太子、コロナ陽性も「軽い症状」 公務が多く感染経路の特定困難

[ 2020年3月26日 05:30 ]

チャールズ皇太子(AP)
Photo By AP

 英王室は25日、エリザベス女王(93)の長男であるチャールズ皇太子(71)が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。「軽い症状が出ているが、健康状態は良好」としている。BBC放送が伝えた。

 ロンドンで感染被害が急拡大していることなどから、女王は19日、予防措置としてロンドン郊外のウィンザー城へ移動し、自主隔離を続けている。王室によると、皇太子と最後に会ったのは12日。女王は良好な健康状態を保っているという。

 王室によると、カミラ夫人(72)も検査を受けたが、感染は確認されていない。夫妻はここ数日、在宅で公務をこなしていた。現在は、英北部スコットランドのバルモラル城で、自主隔離している。

続きを表示

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年3月26日のニュース