ニューヨーク市が感染拡大防止で窮余の策 刑務所にいる300人を即時釈放へ

[ 2020年3月25日 11:49 ]

人通りが少なくなったニューヨークのタイムズスクエア(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルスの感染拡大に苦しむニューヨーク市のビル・デブラシオ市長(58)は24日、同市所有の刑務所にいる約300人の受刑者を即時釈放すると発表した。

 ニューヨーク市内の刑務所では受刑者数が多く“密度”の濃さからライカーズ島刑務所を含めて52人の受刑者と30人の職員の陽性が判明。すでに数十人を釈放していたものの「クラスター化」による感染拡大を最小限に抑えるために、刑期が1年未満で非暴力系の受刑者に限ってさらに“塀の外”に出す方策に踏み切った。

 ライカーズ島刑務所では、女優らに対する性的暴行で有罪判決を受けた米映画界の大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン受刑者(68)も服役。しかし新型コロナウイルスの検査で陽性が判明したために、ニューヨーク州北部バファロー郊外の刑務所に移送されて隔離されている。

続きを表示

この記事のフォト

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年3月25日のニュース