吉村大阪府知事、3連休の大阪・兵庫の往来自粛を呼びかけ「爆発的な感染が起きてもおかしくない状況」

[ 2020年3月19日 19:12 ]

大阪府の吉村洋文知事
Photo By スポニチ

 大阪府の吉村洋文知事(44)が19日、読売テレビ「かんさい情報ネットten.」(月~金曜後4・48)に生出演。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、20日からの3連休に大阪府と兵庫県の行き来を自粛するよう呼び掛けた。

 吉村知事は、専門家の「大阪、兵庫、特に兵庫については、1人が生み出す二次感染の数が1を超えている。いつ爆発的な感染が起きてもおかしくないという状況」との見解を紹介。大阪の二次感染者の数は「1以下」としつつ、「みなさんに正直に言わなきゃいけないですけど、大阪は何とか今、抑えていますが、いつ爆発的な感染が、グイッと上がってくる感染が起きてもおかしくない状況にある」と説明した。

 そのうえで、国から自粛の要請を受けたと明かし、「特に大阪と兵庫での行き来っていうのは、やめてもらいたいっていうのがありましたので」と述べた。「僕からもこの3日間、次からの3連休の3日間については、大阪と兵庫の行き来っていうはできるだけ控えてもらいたい、やめてもらいたいと思います」と吉村知事。「それは府民の皆さん、兵庫県民のみなさんに呼びかけをしたいと思います」と語った。

 吉村知事はその後、府庁で記者団の取材に応じ、往来自粛の要請を正式に表明。兵庫県の井戸敏三知事も記者会見し、県民に「不要不急の大阪との往来を自粛してください」と要請した。

続きを表示

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年3月19日のニュース