“森友”自殺職員の妻が約1億円提訴 夫の遺書も公表「パワハラで有名な佐川氏の指示には誰も背けない」

[ 2020年3月19日 05:30 ]

公表された赤木俊夫さんの手書きの遺書。「これが財務官僚王国 最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ」などとつづられていた
Photo By スポニチ

 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当していた財務省近畿財務局の男性職員、赤木俊夫さん=当時(54)=が、佐川宣寿元国税庁長官(62)の指示で決裁文書改ざんを強制され自殺に追い込まれたとして、妻が18日、国と佐川氏に計約1億1300万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

 妻側は「決裁文書の差し替えは事実で元はすべて佐川氏の指示です。パワハラで有名な佐川氏の指示には誰も背けない」と記された職員の手記や遺書を公表。会見した弁護人が「佐川さん、どうか改ざんの経緯を、本当のことを話してください」などとする妻のコメントを代読した。

 訴状によると当時、財務省理財局長だった佐川氏は、安倍晋三首相が国会で国有地売却について「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める」と答弁後の17年2~3月、部下に改ざん指示。赤木さんは抵抗したが、結局は3、4回に渡って決裁文書から安倍昭恵首相夫人や政治家らの関与を示す部分の削除など改ざん作業を強制され、うつ病を発症し、18年3月に自殺したという。

 これが事実なら、首相の答弁に端を発し、担当者が良心のかしゃくから犠牲となった格好。野党は再検証チームを発足させて真相追究姿勢を示しており、再び安倍政権を揺さぶる問題になる可能性もある。

続きを表示

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年3月19日のニュース