マスク“替え玉”販売横行 15日から高値販売禁止前に出品全面的禁止も

[ 2020年3月14日 05:30 ]

 インターネットオークションサイトなどで、転売が禁じられたマスクを「ペン」などと偽って出品する「替え玉」販売が横行していることが13日、分かった。「ヤフオク!」の商品ページに掲載されたペンの写真。購入希望者から出品者への質問欄には「枚数」などの質問が飛び交っており、マスクの販売であることが分かる。

 サイトの運営会社は、政府が15日から高額の転売行為を禁止するのを前に、マスクの出品を全面的に禁止している。消費者問題に詳しいレイ法律事務所の高橋知典弁護士は「“ペン”などと隠語を使って取引しても、結果的にマスクを転売していることに変わりはない。規制対象に該当する可能性がある」との見方を示した。15日の施行後、類似の手口は違反とみなされる公算が大きいとみられる。

続きを表示

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年3月14日のニュース