進次郎環境相が失態 肺炎対策より“不要不急の新年会” 自民幹部苦言「言語道断だ」

[ 2020年2月20日 05:30 ]

新型コロナウイルス

 小泉進次郎環境相は19日、政府の新型コロナウイルスに関する対策本部会合を欠席し、地元後援会の新年会に出席した問題について、衆院予算委員会で「指摘を真摯(しんし)に受け止めて反省している。気を引き締めて、対応したい」と述べた。

 「新年会でありまして、その場にお酒も出ておりました」と説明。前日18日の衆院予算委員会では、この問題への指摘に「おっしゃる通り」を繰り返すだけだったが、野党から「ご自分の口から言ってください」と詰め寄られ、ようやく「新年会」「お酒」と明言した。対策本部会合には環境政務官が代理出席したため「危機管理上のルールにのっとった対応だ」との認識も示した。

 くしくも対策本部会合が開かれた16日は厚労省が開催した専門家会議の第1回会合で「(国民の)不要不急の集まりの自粛を検討する必要がある」などの合意がなされた。この「不要不急の集まり」の定義について専門家会議の座長は「新年会を行うとか、送別会を行うとか、そういったところが不要不急」と説明。何とも間の悪い“不要不急の新年会”となったことから、与野党からの批判の声は強まるばかり。

 自民党の閣僚経験者は「大失態だ」と苦言。幹部の一人も「言語道断だ。親が死んでも欠席してはいけない」と指弾した。公明党の高木陽介国対委員長も都内で「閣僚として重要会合にしっかりと取り組んでほしい。国民の不安を払拭(ふっしょく)するのが政府の最大の仕事だ」と苦言を呈した。

 立憲民主党など野党の国対委員長は会談で責任を追及する方針を決定。立民の安住淳国対委員長は記者団に「閣僚の責任を放棄している。進退につながりかねない」と厳しく非難した。

 《萩生田文科相、森法相も欠席し地元イベント参加》小泉環境相だけでなく、萩生田光一文部科学相と森雅子法相も16日の感染症対策本部会合を欠席し、地元のイベントに参加していたと明らかにした。萩生田氏は、都内の地元で消防団長の叙勲祝賀会に参加していた。「政務と公務のどちらが大事なのかとの指摘があれば、真摯に受け止める」と語った。森氏も、地元の福島県で開かれた書道関係の会合に参加したと釈明。「指摘を真摯に受け止め、反省している」と述べた。菅義偉官房長官は「必要な公務や用務があれば、やむを得ない」とした上で、「閣僚が出なければ、副大臣や政務官と連携してほしい」と述べた。

続きを表示

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年2月20日のニュース