新型肺炎拡大、ついに国内初の死者…神奈川県80代女性、義理の息子70代タクシー運転手も感染

[ 2020年2月14日 05:30 ]

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスで国内初の死者が出たと発表する加藤厚労相
Photo By 共同

 厚生労働省は13日、新型コロナウイルスに感染していた神奈川県在住の80代の女性が死亡したと発表した。国内で新型コロナウイルス感染者の死亡が確認されるのは初めて。

 この女性は1月22日に倦怠(けんたい)感などを訴え、28日に近所の医師の治療を受けた。その後、経過を観察していたが、症状が悪化したため2月1日に別の神奈川県内の病院に入院。呼吸状態などが悪化したため6日に転院していた。12日になってウイルス検査を実施したが、翌13日に死亡。死亡確認後に検査で陽性と判明した。中国への渡航歴はないという。

 また、この女性の義理の息子で、東京都内に住む70代の個人タクシーの運転手も感染していたことが同日判明。都内で感染が確認されたのは4人目。厚労省などによると、この男性は義母の発症から1週間後の1月29日に発熱し、今月6日に入院。13日になって陽性反応が出たという。男性はタクシーで羽田空港を行き来していたが「(発症前の14日以内に)海外からの訪日客を乗せていない」と話している。義母から感染した可能性もあるとみて、厚労省は感染経路などを詳しく調べる方針だ。

 会見した加藤厚労相は、国内で流行していると判断するかどうかについては「現時点で疫学的な情報が集まっているわけではない」と沈痛な面持ちで答えた。突然の死亡情報に横浜市内では「政府の対応は後手後手では」と感染の広がりを不安視する声も聞こえた。国内での感染確認は251人。治療法はもちろん、感染や重症化の予防法の開発も急務だ。

 《和歌山の外科医、千葉20代男性も…》和歌山県内に住む50代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染したことが判明。肺炎を発症し入院している。外科医は県内の済生会有田病院に勤務しており、1月31日に発熱、その後2日間は休んだものの、微熱が続く中、解熱剤を飲みながら3日間勤務した。
 県は接触した人らのウイルス検査を進める。同じ外科の同僚医師1人と受診した患者3人にも肺炎の症状があるという。
 また千葉県内に住む20代男性も感染が判明。男性は今月2日から発熱などの症状が続いていた。千葉県は発症前2週間以内の海外渡航歴や、感染患者との明確な接触は確認できていないとしている。

 《陰性80歳以上は優先下船》肺炎が拡大しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、厚生労働省は船内で待機する乗客乗員約3500人のうち、ウイルス検査で陰性が確認された80歳以上の希望者を優先的に下船させると発表した。下船は14日からで、体調悪化への懸念から全員待機の方針を転換した。この日、乗船者44人が新たに感染したことも判明。これでクルーズ船の感染者は計218人となった。

 ▼山野美容芸術短大中原英臣客員教授 日本国内で散発的な流行が起きていることが証明された。もうかなりの数の感染者がいるのではないか。高をくくっていた政府の失敗です。マスクではなく、使い捨てゴム手袋が感染予防には効果的なので試してほしい。 

続きを表示

この記事のフォト

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月14日のニュース