新型コロナウイルス 中国浙江省滞在歴で入国拒否へ 日系企業多く経済に影響

[ 2020年2月12日 05:30 ]

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、中国浙江省に滞在歴がある外国人の入国を拒否する方向で検討に入った。

 浙江省でも感染が広がっているとして、既に実施している湖北省からの入国拒否措置の対象を拡大する判断に傾いた。政府関係者が11日、明らかにした。水際対策強化の一環となる。

 浙江省は日系企業の進出も多く、経済に影響を与えるとの懸念が強まりそうだ。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月12日のニュース