中国・春節明け、企業は営業再開するも都市閑散 ビルは全館空調を使わず感染拡大防ぐ

[ 2020年2月11日 05:30 ]

朝の通勤時間帯だが利用客は少ない北京市内の地下鉄車内(共同)
Photo By 共同

 中国は10日、春節(旧正月)休暇から休業を続けてきた各地の企業や店舗が営業再開日を迎えた。人口約2400万人の経済都市である上海市は、10日以降も在宅勤務を奨励。通風性の悪いオフィスビルでは、感染拡大を防ぐため全館空調を使わないよう求めている。

 首都北京市でも地下鉄の乗客は少なく、車の数も少なめだった。帰省していた数百万人が来週にかけて北京に戻る見通しで、駅や空港で検温や消毒などの対策を強化する。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月11日のニュース