東京五輪開閉会式「アシスタントキャスト」1000人募集 あなたも参加できるチャンス!

[ 2020年2月8日 05:30 ]

パネルを手に記念撮影に応じる狂言師の野村萬斎さん
Photo By 共同

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、開閉会式で各国・地域の選手らが入場する際、国立競技場のフィールドで出迎えや誘導の役割などを担う「アシスタントキャスト」を募集すると発表した。五輪に1000人程度、パラに1200人程度を募集する。大会公式サイトを通じて7日正午から応募を開始し、28日まで受け付ける。

 都内で開かれた会見には、式典の演出チームで総合統括を務める狂言師の野村萬斎(53)が参加。「選手を温かく迎えイベントを盛り上げていただきたい」と強調し「共につくりみんなで盛り上げましょう」と記したパネルを掲げた。開閉会式全体の演出については「骨格はできており、これから血や肉をつけていく。7、8合目まで行っているという感じ。あとは具体的に仕上げていく」と話した。

 対象は02年4月1日以前に生まれた人で、日本国籍か日本在留資格のある人となる。応募者の中から抽選などを経て採用者を決定する。五輪・パラ両方に応募することも可能で、3月下旬にも結果が通知される予定。選手と触れ合いながらオリ・パラ開閉会式に参加できる、またとないチャンスとなりそうだ。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月8日のニュース