郵便局員、8500万円横領 顧客から預かった金をギャンブルにつぎ込む

[ 2020年2月7日 05:30 ]

 日本郵便九州支社(熊本市)は6日、昨年12月に懲戒解雇した早良南郵便局(福岡市早良区)の元期間雇用社員の60代男性が、在職中にボートレースやパチンコにつぎ込むため、客26人から預かった計約8500万円を横領していたと明らかにした。日本郵便は、業務上横領容疑で男性を5日付で早良署に告訴した。

 2018年3月から19年10月、顧客宅などを訪問して預かった計約8000万円を横領したとしている。同支社は、これとは別に計510万円が横領された疑いがあるとし、昨年12月に公表していた。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月7日のニュース