相模原45人殺傷 植松被告、両親に犯行計画話し止められていた

[ 2020年2月7日 05:30 ]

 相模原市の知的障がい者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人を殺傷した罪に問われた元職員植松聖被告(30)は6日、横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判第11回公判で、事件前、両親に障がい者を殺す計画を話し「悲しむ人がたくさんいる」と止められていたことを明かした。

 6日は遺族や負傷者の家族、職員らの代理人弁護士が質問。遺族の代理人弁護士に「あなたが殺されたら両親はどう思うか考えたことがあるか」との質問には言葉に詰まり「ありません」。下を向き顔の汗をハンカチで拭うしぐさを繰り返した。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月7日のニュース