札幌ビアガーデン 五輪競技“実施日以外”は開催の見通し

[ 2020年1月25日 05:30 ]

 東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り、大会組織委員会や札幌市、北海道は24日、同市で5回目の実務者会議を開いた。発着点となる大通公園の使用区域などを報告。同公園で毎年7~8月に実施されるビアガーデンは五輪で使用されるエリアと重複せず、8月6~9日の競技期間中以外は通常通り開催できる見通しとなった。ビアガーデンは例年、100万人以上が来場する。

 会議終了後、取材に応じた組織委の森泰夫大会運営局次長は「コンパクトな設営が可能となり、ビアガーデンなどのイベントは基本的に支障なく開催できる」と話した。

続きを表示

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年1月25日のニュース