“夫婦別姓”ヤジ問題 野党が発言者特定を求める申し入れ

[ 2020年1月25日 05:30 ]

 立憲民主、国民民主、共産の野党3党の有志議員は24日、選択的夫婦別姓導入を訴えた野党の衆院代表質問に自民党議員が「だったら結婚しなくていい」とやじを飛ばしたとされる問題に関し、大島理森衆院議長に発言者の特定を求める申し入れ書を衆院に提出した。

 申し入れ書は「発言したのは自民党の杉田水脈(みお)衆院議員であると複数の議員が証言している」と指摘。「選択的夫婦別姓の制度がないために苦しむ人の心を傷つけ、憲法が保障する結婚の自由を否定する暴言だ」として、事実であれば謝罪と撤回を促すよう要求した。

続きを表示

「志村けん」特集記事

「薬物問題」特集記事

2020年1月25日のニュース