スペイン北東部で大洪水 死者11人 大型低気圧が5日間も居座る

[ 2020年1月24日 16:08 ]

 スペイン北東部のカタルーニャ地方と、地中海に浮かぶバレアレス諸島などが、大型低気圧「グロリア」の影響を受けて洪水に見舞われた。

 バルセロナの北東、80キロに位置している人口75万のジローナ市では川が氾濫して道路が冠水。海水が入り込んだ農地も多数あり、各地で大きな被害が出ている。

 「グロリア」は動きが遅いために、このエリアでは5日間も影響を受け続け、AP通信によれば少なくとも低体温症などで11人が死亡。行方不明者も5人を数え、地中海のマヨルカ島では消息を絶った男性登山客の捜索が続けられている。

 これを受けてペドロ・サンチェス首相(47)はヘリで現地を視察。被災地支援のため緊急予算を確保する方針を示している。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年1月24日のニュース