熊本県高森町主催「新酒とふるさとの味まつり」 来月9日から「物凄く飲みやすいです」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

阿蘇の恵みと新酒まつりをPRするキャラバン隊
Photo By スポニチ

 熊本県阿蘇郡高森町が主催する「新酒とふるさとの味まつり」(2月9日~3月15日)のPRキャラバン隊がこのほど、スポーツニッポン西部総局(福岡市)を訪れた。

 高森町にある「山村酒造 れいざん」が蔵開きし、町外不出の幻の酒「れいざん生酒」や郷土料理が振る舞われるイベントも今年で32度目。注目は今年の新酒の出来。山村酒造の担当者は「今年はよりバージョンアップした純米酒のささにごりを用意しました。物凄く飲みやすいです」と期待が高まるコメント。2月8日は、前夜祭として高森駅発着で新酒列車に乗るイベントが予約制で開催される。

 また日本で最も美しい村として連携する熊本県阿蘇郡南小国町と高森町は、ビンゴラリーも開催中。2つの町で決められたチェックポイントに行くと、シールをもらえる。シールの台紙でビンゴが1つそろうと、豪華賞品が当たるキャンペーンに応募できる。 

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年1月23日のニュース