人気予備校講師、中絶強要で逮捕「産むなら、わいせつな動画をネット上に拡散」

[ 2020年1月15日 05:30 ]

東進ハイスクールの板野博行講師(講座の告知ポスターから)
Photo By スポニチ

 交際相手の30代女性に中絶するよう迫ったとして、警視庁府中署が強要未遂の疑いで大手進学予備校「東進ハイスクール」の板野博行講師(56)=千葉県習志野市=を逮捕していたことが14日、分かった。8日に逮捕し、14日に釈放した。今後、任意で調べるとみられる。

 逮捕容疑は昨年12月20日午後2時ごろ、東京都武蔵野市の路上で、女性に「どうしても子を産むなら、わいせつな動画をインターネット上に拡散する」などと言い、中絶させようとした疑い。容疑を認めているという。

 板野講師はこの日、詰め掛けた報道陣に「被害者の方にご心配、ご迷惑をお掛けしたことを心よりおわび申し上げます」と被害女性に対して思いを伝えた。府中署によると、板野講師は既婚者。女性はかつての教え子で不倫関係にあった。女性は脅されたが、中絶せず署に相談していた。

 18、19日にはセンター試験が行われるなど受験シーズン真っただ中での講師の逮捕。東進ハイスクールの運営会社は「寝耳に水。まだ本人と話ができていない状態で、事実関係を把握した上で対応したい」としている。この日夕、東進ホームページの講師紹介欄から、板野講師のプロフィルや写真が削除された。

 東進などによると、板野講師は約20年前に講師となった。現代文と古文を教えており、語呂合わせで古文の単語を覚える参考書「ゴロゴ」シリーズの著者としても知られている。現在はビデオ授業が中心で、対面授業を行っていないため板野講師が校舎に現れるのは授業の収録がある場合か、イベントでの公開授業時に限られるという。

 20年前に受講したことがある男性は「授業では物腰は柔らかく、よくテキストに線を引かせていた印象があった。こんなことになって驚いている」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2020年1月15日のニュース