東京五輪チケット 2次抽選で90万枚販売 まだ100万枚以上が購入可能

[ 2020年1月15日 05:30 ]

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、東京五輪の観戦チケット販売2次抽選で約90万枚を販売したと明らかにした。1次抽選分など計約448万枚が販売されたことになる。2次抽選では申し込み競技の分散化も見られたが、用意した約140万枚は完売せず、約50万枚が売れ残った。今春には最終のチケット販売を行う予定で組織委も「できるだけ多くの枚数を用意したい」としている。最終的にはまだ100万枚以上が購入可能となりそうだ。

 また東京パラリンピックチケットの2次抽選販売は、15日に公式サイトで申し込み受け付けが始まり、29日午前11時59分に締め切られる。対象は開閉会式と全競技・種目のチケットで、抽選結果は2月18日に通知される。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2020年1月15日のニュース