麻生財務相 「一つの民族」発言を「おわび」

[ 2020年1月15日 05:30 ]

記者会見する麻生財務相
Photo By 共同

 麻生太郎財務相は14日の閣議後記者会見で、日本は一つの民族が続いているとした前日の発言について「誤解が生じているならおわびの上、訂正する」と謝罪した。麻生氏は福岡県直方市で13日に開いた国政報告会で「2000年の長きにわたって一つの言葉、一つの民族、一つの王朝が続いているなんていう国はここしかない」と発言。政府はアイヌ民族を「先住民族」と位置付けたアイヌ施策推進法を昨年5月に施行し、アイヌの人々が尊重される社会の実現を図るとしており、矛盾が指摘されていた。

 麻生氏は「政府の方針を否定するつもりは全くない」と釈明。菅義偉官房長官は「アイヌの人々に関するものも含めて、これまでの政府の立場を否定する意図はないと聞いている」と述べた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2020年1月15日のニュース