河野防衛相が降下訓練体験「“隊員の先頭に立って”と日ごろから言っているので」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

降下訓練を体験する河野防衛相
Photo By 共同

 河野太郎防衛相は12日、陸上自衛隊習志野演習場(千葉県)で開かれた陸自第1空挺(くうてい)団の「降下訓練始め」を視察し、記者団の取材に「米軍からも参加してもらい、日米同盟の絆の深さを再確認した」と述べた。

 自身もロープを付け、高さ11メートルの「跳び出し塔」からの飛び降りを体験した。迷彩服姿でためらうことなく飛び降り「“隊員の先頭に立って”と日ごろから言っているので、やれることはしっかりやらないといけないと思った」と胸を張った。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2020年1月13日のニュース