台湾総統選 対中強硬派の蔡英文氏が再選

[ 2020年1月12日 05:30 ]

 台湾総統選が11日投開票され、台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統(63)が再選を果たした。香港のデモを受けて台湾で反中意識が拡大し、支持を回復。中国の習近平指導部による台湾統一の圧力を拒否する姿勢が評価された。

 中国が今後、外交や経済で台湾を締め付け、中台関係がいっそう悪化する可能性がある。トランプ米政権は蔡政権に肩入れしており、米中対立が激化する懸念もある。2期目の蔡政権は5月20日にスタートする。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年1月12日のニュース