原因不明…新型肺炎で初の死者 

[ 2020年1月12日 05:30 ]

 中国湖北省武漢市は11日、相次いで発生している原因不明のウイルス性肺炎で男性(61)が死亡したと発表した。初めての死者とみられる。

 当局はこれまでに新型のコロナウイルスが確認されたと発表。10日時点で41人が発症し、そのうち重症は7人で、2人は退院したと明かした。その他の患者の症状は安定しているとしている。武漢市当局によると、男性は重症肺炎のため入院。9日夜に脈動が止まり、応急手当てを受けたが呼吸が弱まり死亡した。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年1月12日のニュース