令和初「1番福」は高校保健体育教諭「この福を生徒に還元できれば」

[ 2020年1月10日 09:22 ]

令和初の福男に輝いた1番福の黒木悠輔さん(右から2人目)、2番福の藤本陽紀さん(右)、3番福の川畑陽平さん
Photo By スポニチ

 令和初の福男選びが10日、「えべっさん」の総本社である兵庫・西宮神社で行われ「1番福」は大阪府立藤井寺工科高の保健体育教諭・黒木悠輔さん(33)が勝ち取った。

 黒木さんは13回目の挑戦で約5000人が参加したレースを制し「びっくりのひと言」と満面の笑みを浮かべた。同校の硬式野球部の監督で部員はわずか10人。「この福を生徒に還元できれば。公式戦で一度も勝ったことがないので、まずは1勝したい」と力を込めた。

 「2番福」は市立西宮高陸上部1年の藤本陽紀さん(15)。短距離を専門にし、100メートルの自己ベスト11秒15の健脚を生かして、スタート位置「67番」からの2位獲得となった。

 川崎市から「青春18きっぷが余っていたので」と、気軽な気持ちで参加した川畑陽平さん(27)が「3番福」。就職活動中で「去年の上半期から人生につまずいていたので、これをきっかけに前を向きたい」と話した。「参加すると決めたのは一昨日ぐらい。親にも言ってないので、今ごろびっくりしているかも」と笑わせた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2020年1月10日のニュース