カリブ海に衝撃 プエルトリコで強い地震 多くの建物が倒壊

[ 2020年1月9日 09:07 ]

 米自治領プエルトリコ南部の沖合で7日、マグニチュード(M)6・4の地震が発生。8日も同4・7の強い余震に見舞われ、少なくとも77歳の男性1人が死亡し、9人が負傷した。2000人以上が避難施設に身を寄せているほか25万人以上が電気や水のない生活を強いられており、バスケス知事と米トランプ大統領は非常事態を宣言した。

 AP通信によれば地震は昨年12月28日の夜に始まってすでに950回以上の揺れを観測していたが、ここに来て強さが増して被害が拡大。プエルトリコでは2017年にハリケーンで甚大な被害が発生しており、今度は地震が人々の生活を脅かす事態となった。

 今回はM7・3だった1918年10月以来となる強い地震。被災地の復旧のめどは立っておらず、今後の余震に対しても警戒が必要になっている。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2020年1月9日のニュース