ゴーン被告 逃走方法は明かさず「興味があると思いますが話しません」 レバノンで会見

[ 2020年1月8日 22:21 ]

 金融商品取引法違反の罪などで起訴され、保釈中にレバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)が8日(日本時間同日午後10時)、首都ベイルートで会見を行った。

 注目される逃亡方法については「私が日本からどうやって出たのかに皆さん興味があると思います。それについては話しませんが、何で日本を出たのかを話したいと思います」とコメント。

 会見では「私は不当な政治的な迫害、訴追から逃れてきた」「不可能な状況下で公正な裁判を受けることはできないと思った」と述べた。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年1月8日のニュース