ゴーン被告 逃亡にイギリス退役軍人が関与か プライベートジェット代金明細書も存在

[ 2020年1月8日 05:30 ]

 英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は6日、英国の退役軍人がゴーン被告の逃亡に関与した疑いがあると伝えた。本人は関与を否定している。同紙によると、アラブ首長国連邦を拠点に航空・物流企業を経営するマイク・ダグラス氏。逃亡に関わったとされる元米陸軍特殊部隊の民間警備会社の人物ら2人とダグラス氏はイラクで米軍の業務を請け負った経験があり、つながっていた可能性がある。

 ゴーン被告が使用した2機のプライベートジェットを手配したトルコの運航会社に対し、ダグラス氏の関係する企業が前払いの一部代金として17万5000ドル(約1900万円)を支払ったことを示す明細書が存在するという。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年1月8日のニュース