ゴーン被告の保釈保証金の没取決定 15億円は過去最高額

[ 2020年1月8日 05:30 ]

 東京地裁は7日までに、ゴーン被告が納付した保釈保証金15億円を没取する決定をした。昨年12月31日付。15億円は国庫に入る。没取金額はイトマン事件の許永中・元不動産管理会社代表の6億円を大きく上回り、過去最高額とみられる。

 ゴーン被告の無断出国は保釈条件違反に当たるとして、地裁は昨年12月31日に保釈を取り消す決定をしていた。ゴーン被告は2018年11月19日に東京地検特捜部に逮捕され、19年3月6日、保証金10億円を納付して保釈された。同4月4日に4回目の逮捕となり、同25日に保証金5億円を納付して再び保釈されていた。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年1月8日のニュース