三宅雪子氏 年末に頻繁ツイート オフコースの「さよなら」に「何だか泣けてきました」

[ 2020年1月7日 05:30 ]

三宅さんの遺体が発見された大田区城南島の現場海域
Photo By スポニチ

 旧民主党“小沢ガールズ”として知られる三宅雪子元衆議院議員(54)の遺体が、東京都大田区城南島近くの海上で見つかっていたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。港区芝浦ふ頭で遺書などが見つかるなど入水自殺とみて調べている。

 三宅さんは、亡くなる直前の昨年12月30日まで頻繁にツイッターへの投稿を繰り返していた。29日は、30回以上にわたってツイート。オフコースの「さよなら」を取り上げ「さっき、家族が車でかけていて、何だか泣けてきました」とつづっていた。さらに「私は多くの方に支えられて幸せでした。ありがとうございました。乗り越えられない人を見捨てない社会にしたいですね」などと書き込んでいた。

 三宅さんは昨年からルポライターを名乗り、弁護士大量懲戒請求訴訟や三菱電機や電通の過労自殺について取り組んでいることもツイッターに投稿。「強い人も弱い人も、命のともしびは小さい。何かのきっかけで消えてしまう」とつづっていた。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年1月7日のニュース