元号案、万葉集限定で依頼していた 中西進氏その2日後に「令和」提案

[ 2019年12月29日 05:30 ]

 政府が4月1日の新元号発表9日前の時点で、候補名考案を委嘱していた中西進元大阪女子大学長(日本古典)に、現存する日本最古の歌集「万葉集」限定で元号案作成を依頼していたことが28日、分かった。中西氏はその2日後に「令和」を提案した。関係者が明らかにした。

 「唯一無二の元号」(官邸筋)をつくるため、国書(日本古典)、とりわけ万葉集からの採用にこだわった安倍晋三首相の意向を受け、発表直前の土壇場で決着した令和選定過程の詳細が判明した。

 「首相が新元号に求めたのはナンバーワンではなく、オンリーワンだった」と官邸幹部はSMAPのヒット曲「世界に一つだけの花」の歌詞を引用して、当時の様子を振り返った。首相は当初、万葉集を典拠とする「天翔」に固執。しかし、葬儀会社の名称にも使われるなど、政府の元号選定基準に抵触してしまうという欠点があった。担当者は天翔を手掛けた中西氏に頼り、発表9日前の3月23日に万葉集限定で新たな元号案作成を要請。同25日に「令和」が政府側に伝えられた。

 首相の狙い通り、令和は好意的に受け止められた。発表直後に実施した共同通信の世論調査では、73・7%が「好感が持てる」と回答。内閣支持率は前回の3月調査から9・5ポイント増えて52・8%に跳ね上がった。

続きを表示

「薬物問題」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年12月29日のニュース