セブンイレブン 残業代の未払い4億9000万円分

[ 2019年12月11日 05:30 ]

 コンビニ大手のセブン―イレブンは10日、フランチャイズ加盟店の従業員に長期間、残業代の一部の未払いが発生していたと発表した。セブン―イレブン・ジャパン本部の賃金計算プログラムのミスが原因で、判明分の総額は4億9000万円に上る。未払いは創業間もない1970年代から続いてきたことも明らかにした。

 セブンによると、2001年に労働基準監督署から未払いを指摘されたが、公表や追加の支払いをしなかった。セブンは商品の無断発注など経営を巡る問題が頻発している。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年12月11日のニュース