ニュージーランドで観光地の島が噴火 1人死亡、ケガ人多数か

[ 2019年12月9日 16:07 ]

 ニュージーランド北島の東海岸から50キロ離れたプレンティー湾に浮かぶホワイト島が9日に突然、噴火。噴火時には島とその周辺に外国人を含む観光客が50人ほどいたとみられ、少なくとも1人が死亡したほか、複数の負傷者や行方不明者が出ている。

 AP通信によれば、警察当局は1人の死亡を確認。23人が脱出したが、依然として数十人が島に取り残されているとされており、死亡者はさらに増えると見られている。

 3660メートルの高さまで噴煙が達したホワイト島ではヘルメットやガスマスクを着用して噴火口を歩くツアーが人気。毎年1万人が訪れる観光地として知られている。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年12月9日のニュース