中央道・笹子トンネル事故から7年 追悼慰霊式で遺族が痛烈訴え

[ 2019年12月3日 05:30 ]

中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故から7年となり、追悼慰霊式で遺族代表としてあいさつする小林俊介さん
Photo By 共同

 2012年に9人が死亡、3人が重軽傷を負った中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故は2日、発生から7年となった。事故が起きた午前8時すぎ、遺族らがトンネルの東京側にある慰霊碑に献花し、黙とうした。

 事故で亡くなった小林洋平さん=当時(27)=の兄俊介さん(39)=前橋市=は中日本高速道路(名古屋市)主催の追悼慰霊式で、遺族代表としてあいさつ。同社社員らに「事故は予見できず、点検に問題はなかったと言うのなら、今のあなた方では老朽化する高速道路の管理はできない」と訴えた。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年12月3日のニュース