レオ様VSブラジル大統領 消火ボランティアのアマゾン放火巡り勃発

[ 2019年12月2日 05:30 ]

レオナルド・ディカプリオ(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 ブラジルの右翼ボルソナロ大統領から、環境保護団体への寄付によりアマゾン地域の森林火災に加担していると非難を受けた米人気俳優レオナルド・ディカプリオ(45)は11月30日、今後も支援を続けると強調する声明を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿し、反論した。

 ブラジルでは最近、アマゾンの消火ボランティアらが寄付を募るためにわざと火を付けたとして逮捕される事件があった。ボルソナロ氏はこれを念頭に同29日、支持者を前に「ディカプリオはいいやつだ。アマゾンに火を放つために金を出している」と皮肉っていた。環境活動家としても知られるディカプリオはインスタグラムで、ボルソナロ氏の名指しは避けながらも「かけがえのない生態系の未来が危機にひんしている。彼らへの支持を誇りに思う」と訴えた。

続きを表示

この記事のフォト

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年12月2日のニュース