レーガン元米大統領と首脳会談した別荘 中曽根元首相の思い出の地に献花台

[ 2019年12月1日 05:30 ]

中曽根康弘元首相の死去を受け、レーガン米大統領との首脳会談の舞台となった別荘「日の出山荘」に設置された献花台
Photo By 共同

 東京都日の出町は30日、中曽根氏とレーガン元米大統領の首脳会談の舞台となった別荘「日の出山荘」に献花台と記帳台を設置。100人ほどが訪れ、故人をしのんだ。同所は中曽根氏の別荘だったが06年に町に寄贈。07年から記念館として一般公開されている。

 東京都青梅市から娘と来た原島典子さん(43)は持参した花をささげ「偉大な人だったと知った。とてもきれいな場所で、また見学に来たい」と話した。東京都豊島区にある中曽根氏の自宅や群馬県高崎市にある中曽根氏の政治塾「青雲塾」の会館にも記帳台などが置かれた。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年12月1日のニュース