元スノボ五輪代表“腰パン”国母容疑者逮捕…営利目的で大麻密輸の疑い

[ 2019年11月7日 05:30 ]

バンクーバー五輪の際、服装問題で謝罪会見する国母和宏=2010年2月
Photo By スポニチ

 関東信越厚生局麻薬取締部は6日、米国から国際スピード郵便で大麻を密輸したとして大麻取締法違反容疑で元五輪スノーボード男子代表の国母和宏容疑者(31)を逮捕した。営利目的で米国から大麻製品約57グラムを輸入した疑い。国母和容疑者は2010年バンクーバー冬季五輪ではズボンを下げてはく「腰パン」を選手団の公式ウエアで行い物議を醸していた。

 麻薬取締部によると逮捕容疑は昨年12月、知人の30代日本人男性と共謀の上、営利目的で米国から大麻成分を含む粘性の物質を隠した国際スピード郵便を都内に発送し、同月31日に成田空港に到着させて密輸した疑い。国母容疑者は輸入に関する事実関係を認めた上で「営利目的は違う」と一部否認している。

 見つかった大麻製品約57グラムは茶色の水あめ状で紙に塗りつけられていた。麻薬成分が凝縮されており、乾燥大麻と比べ約2倍の1グラム1万円以上で売買されるという。麻薬取締部は年明けから捜査。今年10月に知人男性が逮捕され、捜査の過程で国母容疑者の関与が浮上した。この日午前、国母容疑者は東京都千代田区の麻薬取締部に出頭し、逮捕された。同部は「同じ物質を扱った過去の事例や、量の多さから営利目的と判断した」と説明した。

 06年トリノ、10年バンクーバーの冬季五輪2大会の日本代表。全国的な知名度となったのは、バンクーバーでの“腰パン騒動”。21歳だった国母容疑者は公式ウエアのネクタイを緩め、ズボンを腰まで下げてはくスタイルで現地入り。態度についても批判され、一時は参加辞退も取り沙汰されたが8位に入賞。その後はプロスノーボーダーに転身し、13年夏にはスノーボードのナショナルチームのコーチに就任。指導者としては熱心で評価が高く、選手に「カズくん」と慕われた。翌年のソチ五輪ではメダリストを2人輩出し「スノボ界への恩返し」と称賛された。

 また、自然の山を滑り降り映像を撮影する活動を行い、昨年には世界のスノーボーダーを対象にした賞「Riders’ Poll」を受賞した。私生活では09年に、3歳年上の一般女性と結婚し、1男1女の父親。17年のテレビ番組では世界を股にかけ仕事をする様子や、子煩悩ぶりを語る近所の声が紹介されていた。

 ◆バンクーバー五輪の国母
 ▼腰パン 公式ウエアを崩して着こなし「格好いいと思ってもらえれば。最近のスノーボードはすげぇダセぇから」。監督が厳重注意し選手村入村式の出席は自粛。
 ▼反省してま~す 入村式後の会見で質問を受けた後、小声で「チッ、うるせーな」と舌打ちする様子がテレビ局のマイクに捉えられ、その後語尾を伸ばして「反省してま~す」と回答。態度が問題視された。
 ▼出場辞退は回避 全日本スキー連盟が出場辞退を日本選手団の橋本聖子団長に申し入れたが、橋本団長が「責任をとる。チャンスを与えたい」と宣言。
 ▼本番は8位 バンクーバー五輪の予選は2位で通過したが決勝では着地で手をつき8位入賞にとどまった。「まあいろいろあったっすけど、自分のスタイルは最後まで曲げなかった」
 ▼シャツ入れ帰国 閉会後、公式ウエアのシャツをしっかりズボンに入れ成田空港に帰国。「今は凄いなんかすっきりしてます」

続きを表示

この記事のフォト

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年11月7日のニュース