気象庁装った迷惑メール 不正プログラム感染恐れ

[ 2019年11月6日 19:53 ]

 気象庁は6日、報道発表を装った迷惑メールが発信されているとして注意を呼び掛けた。促されるまま偽アプリのダウンロードアイコンをクリックすると不正プログラムに感染する恐れがある。

 メールは気象庁のロゴマークを悪用し、地震や津波の発生を早く知らせるアプリを開発したとうたっている。同庁は不特定多数にアプリのダウンロードを促すようなメールを発信していない。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「ラグビー」特集記事

2019年11月6日のニュース