韓国元徴用工訴訟 文議長、寄付金支給案に日本の賛同期待

[ 2019年11月6日 05:30 ]

早稲田大で講演する韓国国会の文喜相議長
Photo By 共同

 韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が5日、日本企業を相手にした韓国人元徴用工らの訴訟に絡み、日韓の企業と個人から寄付金を募り原告の元徴用工らに賠償の代わりとして支給する法案の概要を明らかにした。早大(東京都新宿区)での講演で語り「(法案への)日本側の積極的な賛同も期待する」と述べた。原告側は日本企業の賠償や謝罪を求めており、実現性は不透明だ。

 また文議長は、2月に報じられた米メディアとのインタビューで慰安婦問題は天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で解決すると発言したことについて「申し訳ない」と述べた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「ラグビー」特集記事

2019年11月6日のニュース