首里城、正殿跡形なく 報道陣に火災後初公開

[ 2019年11月5日 05:30 ]

 首里城の火災現場へ向かう消防隊員。正殿前の中庭(奥)にはがれきが散乱
Photo By 共同

 火災で正殿などが焼失した首里城(那覇市)で4日、正殿などに通じる奉神門の正面の区域が報道陣に公開された。

 鮮やかな朱色が特徴的だった正殿は焼け落ちて見る影もなく、正殿前の中庭(御庭)にはがれきが散乱し、周辺には焦げたにおいが漂っていた。2000年の九州・沖縄サミット首脳会合で夕食会場になった北殿は全焼し屋根瓦も激しく焼損していた。奉神門も北側の屋根が焼け、骨組みのような木材がむき出しになっていた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「ラグビー」特集記事

2019年11月5日のニュース