1年ぶり日韓首脳会談も、徴用工議論は平行線

[ 2019年10月25日 05:30 ]

 安倍晋三首相は24日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と官邸で会談し、最大の懸案である元徴用工訴訟問題を巡り「国と国との約束を順守することにより、健全な日韓関係に戻すきっかけをつくってもらいたい」と要求した。韓国が日韓請求権協定を一方的に破っているとの立場に基づく発言。李氏は韓国は協定を守っていると主張し、平行線に終わった。李氏は文在寅大統領の親書を手渡し、対話継続の重要性では一致した。年内に首脳会談を実現できるかどうかが焦点となる。

 日韓首相の会談は約1年ぶり。韓国政府当局者によると、文氏の親書は「日本は北東アジアの平和のために協力する重要なパートナーだ」との内容だった。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年10月25日のニュース