笹団子今度こそ稲垣に贈りたい「お疲れさま”の意味で」

[ 2019年10月22日 05:55 ]

 「笑わない男」の異名を持つプロップ稲垣啓太(29)が故郷新潟市に帰省した際に訪れる和菓子店「田中屋本店」新潟ふるさと村店も、健闘をねぎらった。

 社員の中原美保子さん(51)は「ベスト8までよく進んだと思います。店のスタッフみんなで応援していました」と話した。8強進出を決めた際、日本代表に笹(ささ)団子の差し入れを申し出たが、辞退された。「代表チームとして、栄養管理やカロリー計算をされているとのこと。戦い終えた稲垣さんに、改めて“お疲れさま”の意味で贈りたい」と語った。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年10月22日のニュース