台風19号で浸水被害…磐城高ラグビー部員「代表の頑張る姿を見て自分たちも絶対に花園に」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

<日本・南アフリカ>前半、突進する姫野(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 台風19号により8人が亡くなった福島県いわき市では、グラウンドや部室が浸水被害を受けた磐城高ラグビー部員やその家族ら計約10人が市内の部員の自宅に集まってテレビのラグビー中継に見入り、日本代表に大声で声援を送った。

 花園の予選を今月下旬に控える中で被災した2年の鈴木崇敏さん(16)は「代表の頑張る姿を見て、自分たちも絶対に花園に行きたいと強く思った」と力を込めた。宮城県丸森町でも避難所などで多くの人がテレビ観戦。阿部辰男さん(55=会社員)は「自分たちも負けていられない」と話していた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「ラグビー」特集記事

2019年10月21日のニュース