進次郎環境相セクシー発言 政府答弁書「魅力的な」意味

[ 2019年10月16日 05:30 ]

 政府は15日の閣議で、小泉進次郎環境相が気候変動問題を巡り米ニューヨークで「セクシーに取り組む」と発言した内容について「文脈によって意味することが異なるため、ニュアンスも含めて正確な訳出は困難」とする答弁書を決定した。

 答弁書は訳出困難とした上で「英和辞典によれば“(考え方が)魅力的な”といった意味があると承知している」と付記した。

 閣僚が記者会見などで「セクシー」との単語を用いて政府の政策を評価、形容した事例は過去5年間では見当たらないとも記載した。

 初入閣後の小泉氏の発言については意味が分かりにくいとの声のほか、中身がない「ポエム的表現」と批判を浴びている。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年10月16日のニュース