二階幹事長 台風19号被害「まずまず」発言撤回 

[ 2019年10月16日 05:30 ]

 自民党の二階俊博幹事長は15日、台風19号の被害が「まずまずに収まった」とした13日の発言を事実上、撤回した。党本部で記者団に「被災地の皆さまに誤解を与えたとすれば、表現が不適切だった」と述べた。15日午前の記者会見では「撤回するもしないもない」と明言を避けたが、野党からの批判が相次ぎ、方針転換を余儀なくされた格好だ。二階氏は「災害復旧に全力を尽くしたい」と強調した。

 安倍晋三首相は15日の参院予算委員会で、立民の杉尾秀哉氏の追及に対し「“この程度であればよかった”ということは全くない」と答弁した。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年10月16日のニュース