参院埼玉補選 N国・立花党首「堀江貴文さんが応援来てくれる」

[ 2019年10月11日 05:30 ]

NHKから国民を守る党の立花孝志党首
Photo By スポニチ

 参院埼玉選挙区の補欠選挙が10日告示され、NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が立候補した。JR浦和駅西口で第一声を上げ、集まった約400人の聴衆に「今回は既得権益VS反既得権益。分かりやすく言えば悪VS正義」と訴えた。

 立花氏の選挙公約は「消費税5%」への税率引き下げ。訴え続けてきたNHKスクランブル化については「(公約として)今回は下の方」とした。埼玉県庁で開かれた会見では応援弁士として「おそらく堀江貴文さんも来てくれるでしょう」と明かし、「応援や批判も含め、マイクを持ちたい人に来てほしい」と呼び掛けた。参院議員は自動失職しての出馬となった。

 一方で、立憲民主、国民民主両党の埼玉県連が支援する前同県知事の上田清司氏(71)が無所属で立候補し、一騎打ちが確定。上田氏は「議員経験はあるが、気持ちは新人。国政と埼玉との懸け橋にならせていただきたい」とした。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年10月11日のニュース