ノーベル物理学賞 宇宙研究3氏に授与 宇宙観変えた業績評価

[ 2019年10月9日 05:30 ]

 スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2019年のノーベル物理学賞を、太陽系外の惑星を発見したスイスのミシェル・マイヨール氏とディディエ・ケロー氏、宇宙の歴史と構造を理論的に解明した米国のジェームス・ピーブルズ氏に授与すると発表した。

 従来の宇宙観を大きく変えた業績が評価された。授賞式は12月10日(現地時間)にストックホルムで開かれ、賞金900万クローナ(約9700万円)が3氏に贈られる。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年10月9日のニュース