陛下即位パレード、車両50台でリハーサル

[ 2019年10月7日 05:30 ]

天皇陛下の即位を祝うパレードのリハーサルで、皇居前広場を進む車両
Photo By 共同

 22日に予定されている天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」のリハーサルが6日朝、本番と同様、東京都心の皇居から赤坂御所までの約4.6キロを交通規制して行われた。

 天皇、皇后両陛下が乗られるオープンカーは使われなかったが、当日を想定してサイドカーや乗用車を含む約50台の車列が午前7時に皇居・宮殿を出発。警視庁や国会議事堂正門前などを経由し、午前7時半ごろに赤坂御所に入った。

 車列の進行に合わせて、警視庁が警備の配置を確認したり、自衛隊の音楽隊などが演奏のタイミングを計ったりした。

 22日は、午後1時から「即位礼正殿の儀」が宮殿で行われ、天皇陛下が即位を宣言。その後、両陛下が乗ったオープンカーは午後3時半に宮殿をスタートし、赤坂御所まで約30分かけて進む。車列は約400メートルになる。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年10月7日のニュース