南房総市 がれきの受け入れを再開

[ 2019年9月22日 05:30 ]

 被害が大きかった県南部の南房総市は、一時中止した市役所駐車場での受け入れを21日、再開した。南房総市は、閉校した学校の校庭など3カ所に仮置き場を設けたが、次第にいっぱいになり、20日時点で車約6600台分となった。

 市役所駐車場の仮置き場は同日に受け入れをいったん中止、トタンなどの金物類をリサイクル業者が搬出し、この日の再開に至った。ラーメン店経営の重田賢一さん(44)はひしゃげたブラインドカーテンを車内から引きずり出し「停電は復旧したが、ごみがまだまだある」と汗を拭った。

 県によると、21市町が仮置き場を設置。21日午後のまとめでは、家屋被害は約1万1500戸で、さらに増える見込み。東京電力によると、停電は午後4時現在、約4300戸で続いている。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年9月22日のニュース